きれいな発音はTOEICでも有用

直接は関係ないが発音もTOEICでは点数につながっていく

英語を学習する者にとって、TOEICは自分の実力を証明するために受けておくべき試験である。英検よりも重視されることが多く受験者が増えているのだ。TOEICではスピーキングを問われることはないので学習する際には黙々と英語学習をしてはいないだろうか。特に塾ではなく自宅で学習するときに英語を声にだして読んだりしている人は稀であろう。じつはこの行為がその人の英語上達を妨げているのだ。英語は言葉であるが故に口に出さなければ発音が上達しないばかりか、リスニングも上達しないのだ。英語をまったく口に出さない人でリスニングが出来る人などいないと言える。聞くということと話すという2つの能力は密接に繋がっているので、両方を鍛えることが効率よく学習する近道となるのである。また発音を良くすれば、今まで聞き取り難かったネイティブの発音が理解できるように実感できるだろう。発音を良くするように意識して英文を音読してみて欲しい。テンポ良くスラスラと読めただろうか。読むときのスピードでその人の英語能力を測ることができるのだ。例えきれいな発音であってもゆっくりとしか出来ない場合はもっと英語学習に努力が必要だという証であるのだ。早いスピードで音読ができ、耳で聞くだけでシャドーイングができるまで上達していればネイティブのリエゾンした話方でも単語を聞きとれる様になっているのである。英語の音読はTOEICの試験には出ないが英語学習をトータルで考えると重要なことに気づくだろう。
外国人フォト