TOEICで世界を相手に仕事を

TOEICで仕事の可能性が広がる

日本に生まれたから日本で就職して日本だけで働く必要はない。現代は世界を相手に仕事をすることが十分可能な時代である。もちろん世界を相手に仕事をするとなると、いろいろなハードルがあるので簡単ではない。もっとも高いハードルは言うまでもなく言語の違いである。お互いに意思疎通ができなければ世界を相手の仕事は成り立たない。相手が日本語を話せることを期待するのは甘い考えであり、仮に相手が日本語を話せたとしても、その時点で仕事的には負けていると言わざるえないだろう。そもそも世界を相手に仕事をしようと考えている者が日本語しか話せないのでは全くお話にならないし、そんな人材を企業も雇わない。世界を相手に仕事をする企業や公的機関に雇ってもらうのであれば、まずは貴方の外国語能力を示す必要があるが、一体どのように示すのだろうか。実は外国語能力の証明によく使用されるのがTOEICの成績である。中にはこちらから示すまでもなく、採用試験を受験する条件としてTOEICで一定の成績を収めていることが定められているところもある。つまり、それだけ外国語能力の証明力としてTOEICの信用が高いわけである。そこでTOEICをいかに攻略するかが勝負になるわけだが、これにはちょっとしたコツがある。TOEICではビジネス英語に関係する問題が多いので、これを勉強しておかないと高得点は難しい。高度なビジネス英語の問題がでるわけではないが、ビジネス英語の入門書くらい読んでおく必要がある。またTOEICを通して発展させて総合的な英語力を身につけたいのであれば英語教材ランキングなどを参考に自分に合った教材を選ぶこともおすすめする。
男性社会人フォト